2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.04.03 (Sun)

C班、株式会社 織田幸銅器さん訪問!

会員名:織田 幸治
所属委員会:厚生委員会
事業所名:株式会社 織田幸銅器
創業年:昭和初期
所在地:高岡市金屋本町3-34
事業内容:高岡銅器

従業員数:15人


大学を卒業後、東京にて全くの異業種に就かれ、営業・販売の
ノウハウを学ばれました。

1oda1.jpg


御祖父様が創業されるも戦死なされ、御祖母様そしてお父様と
受け継がれ創業80年以上という歴史を守られております。

創業当時より、高岡銅器を中心に品物を仕入れて全国に販売して
歩くことを業としておられます。
全国各地の販売店舗(主に金物屋)に物を置いて頂き販売していたが、
現在はネットや通信販売が主流となっておられるそうです。

高岡銅器は分業が基本で、製造・着色・販売で成り立ち、高岡の経済と
高岡銅器の歴史との結びつきなどもお話しいただきました。
一時は銅器の出荷額がアルミの出荷額を上回っていた時代もあったとか・・・・・。

量産が可能になり高級品からギフト品へと幅が広がっていき、
営業などしなくても売れた時代もあったが、現在は商品の販売に
非常に苦労をなされています。

新商品の提案、パンフレットやカタログと積極的に営業展開するものの・・・・・
お客様とのニーズにギャップを感じられるそうです。

2oda2.jpg



青年部活動は、自分自身の鍛錬の場として活動されているそうです。

ベルトのバックルから高さ100mの観音様まで、幅広く、製造販売しています。
銅器に限らず様々な素材で様々な依頼にお答えします。


19:51  |  製造業関連事業所  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takaokayegokajima.blog21.fc2.com/tb.php/295-33e0b374

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。